So-net無料ブログ作成

Socket Debuggerを使ってみる! ポート:7!簡単なWeb Cliente [NETWORK]

SocketDebugger

こことか、 https://www.udom.co.jp/sdg/
こことか、 http://sdg.ex-group.jp/lua.html

をまず見てね!

気を取り直して、Web Clienteとして動作させてみます。HTTP文を色々考えるのは面倒なので、Arduino IDEのEtherntのWeb Clienteの例題を流用してみます。と言ってもスクリプトは非常に簡単ですがね。
取得したHTTP文はファイルに保存します。ではでは、設定から。

webCliente_001.png今回はポート1を使います。通信設定->接続:TCPクライアント動作とします。相手先アドレスが判らなくても右横の...ってボタンをクリックすればhost名で入力できますから。


webCliente_002.png通信設定->動作:スクリプトで動かします。


webCliente_003.png受信したデータをファイル化し、ブラウザで表示してみました。HTML文の前にHTTPの応答文が入っています。


webCliente_004.pngWebサーバーとのやり取りです。Webサーバーはリクエストに答えると、基本切断して来ることが判ります。


今回作成したスクリプトです。作成したところのみを掲載しています。
---------------------------------------------
-- 送信ボタン押下
---------------------------------------------
function OnSendPush()
  Logput(1,'OnSendPush')

  local httpRequest = 'GET /search?q=arduino HTTP/1.1\r\n'
    .. 'Host: www.google.com\r\n'
    .. 'Connection: close\r\n\r\n'  -- http request message.

  SendData( httpRequest )  -- send a request message to host.

  recvHtmlMsg = {}  -- make a table for recieve message.

  return 0
end
---------------------------------------------
-- 受信通知
---------------------------------------------
function OnReceive(recv)
  Logput(1,'OnReceive')

  recvHtmlMsg = tableConcat( recvHtmlMsg, recv )  -- append a message to variable

  return 0
end
---------------------------------------------
-- 切断通知
---------------------------------------------
function OnDisConnected()
  Logput(1,'OnDisConnected')

  FileWrite( recvHtmlMsg, "D:\\temp\\receive.html" )  -- file write

  return 0
end

---------------------------------------------
-- table concat
---------------------------------------------
function tableConcat( tableA, tableB )
  local tableALen = #tableA
  for i = 1, #tableB do
    tableA[ tableALen + i ] = tableB[i]
  end
  return tableA
end










nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。