So-net無料ブログ作成

Socket Debuggerを使ってみる! ポート:4! タイマーを使って自動化? [NETWORK]

SocketDebugger

こことか、 https://www.udom.co.jp/sdg/
こことか、 http://sdg.ex-group.jp/lua.html

をまず見てね!

前回ではぽちぽちボタンを押すと言うアナログな送信でしたが、今回はタイマーを使って半自動化を行います。
まずfunction OnConnected()を以下の様に改造します。現在のタイマーの状態を保持する変数の生成と初期化です。
---------------------------------------------
-- 接続完了通知
---------------------------------------------
function OnConnected()
  Logput(1,'OnConnected')

  timer1StartIs = false  -- timer1の起動状態を記憶する変数を論理型で生成する

  return 0
end


function OnSendPush()を以下の様に改造します。ここでは送信は行わず、タイマーの制御を行います。
---------------------------------------------
-- 送信ボタン押下
---------------------------------------------
function OnSendPush()
  Logput(1,'OnSendPush')
--  sendData = GetEditorData()

  if timer1StartIs == true then
    timer1StartIs = false
    KillTimer( 0 )  -- timer1を停止する
  else
    timer1StartIs = true
    SetTimer( 0, 1000 )  -- timer1を1000ms周期で起動する
  end
  return 0
end


function OnTimer(id)を以下の様に改造します。引数idはタイマーidが入っていますが、まあ今回はtimer1しか使っていませんので、、、
---------------------------------------------
-- タイマー通知
---------------------------------------------
function OnTimer(id)
  Logput(1,'OnTimer')

  -- ランダムなデータを生成する
  sendData = {}  -- 空のテーブルを作成する
  for i = 1, 1024 do  -- 1024個のデータを生成
    sendData[ i ] = math.random( 255 )  -- 0から255までのランダムな整数を生成
  end
  SendData( sendData )

  return 0
end



echo_actions_010.png成功しているようです。










nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。