So-net無料ブログ作成
検索選択

STM32CubeMXに関する事 6 RTC割り込みを使う 2 [STM32F]

STM32CubeMXを使って割り込みを設定します。
makeCubeMxProjectForCoIDE_044.png


こんどこそRTCによる周期割り込みを利用します。

1.コールバックルーチン
RTC割り込みをユーザーが利用する時は、stm32f1xx_hal_rcc_ex.cの中のHAL_RTCEx_RTCIRQHandlerからユーザーのコールバックルーチンが呼ばれます。
この時の関数名は指定されており、どこかのファイルに以下の様に記述します。
この例では1秒周期でunixTimeと言う大域変数が1増加します。
/*************************************************************************/
/* RTC interrupt call back function.                                     */
/*************************************************************************/
void HAL_RTCEx_RTCEventCallback( RTC_HandleTypeDef *hrtc )
{
  unixTime++;
}

2.あとはこの変数を煮るなり焼くなり。



気を取り直して、、、

ARMマイコンCortex-M教科書 (ARM教科書)

ARMマイコンCortex-M教科書 (ARM教科書)

  • 作者: 桑野 雅彦 共著 中森 章
  • 出版社/メーカー: CQ出版
  • 発売日: 2016/11/21
  • メディア: 単行本



アームズマガジン17年10月号

アームズマガジン17年10月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2017/08/26
  • メディア: 雑誌



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。