So-net無料ブログ作成
検索選択

Lazurite 920Jを立ち上げてみる 其の3 #LAZURITE920J #ラピスセミコンダクタ [Lazurite]

今日のお題は、Writerをなんとかできないのか?って話です。
lazuriteImage_002.jpg

できるか、できないのか?と言う話なら、こうやってネタにしているのだから出来ます。

やっていいのか、悪いのかは判りません。自己責任でお願いします。

わりとお得に実現できるので、複数台の対向でデバックとかの時に役に立つでしょう。
※と言うか、対向でデバックする時は2つ以上無いと効率悪くて仕方がないよね。

さて、普通にWriterを買うと、高いですよね。一個くらいは仕方ないとしても、それ以上はどうかと思います。
しかも接続がハーフピッチの10pinコネクタと、使い辛い。
Lazurite Mini writer Type B(Lazurite Miniシリーズ)
https://www.switch-science.com/catalog/2956/

しかしこのWriterに使用しているICはおなじみのFT232RLですんで、2000円以下のFT232RLを使ったUSB/シリアル変換基板は、マルツとか秋月とか、まぁ色々なショップに並んでいます。
マルツ
http://www.marutsu.co.jp/pc/i/52777/
秋月
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-01977/

さて、ハードウエアから見ると、Writerで使用している接続は電源を除けば4本です。
TXD、RXD、TEST0、TEST1N
です。
それぞれFT232RLのどこに接続する?ですが、以下になります。
Lazurite MiniFT232RL
VCC5V5Vまたは3.3V出力
GNDGND
TXD(1)RXD
RXD(0)TXD
TEST0CBUS0
TEST1NCBUS1

わりと簡単ですね。


ただ、配線だけなんとかすれば使える!と言う訳ではありません。FT232RLの設定をいくつか変更します。

FT232RLの設定はFTDIから無償で配布されているユーティリティで変更可能です。FT_Progを使用します。
http://www.ftdichip.com/Support/Utilities.htm#FT_PROG

FT232RLを使ったUSB/シリアル変換基板をPCに接続し、FT_Progを起動してデバイスのスキャンを行います。
ディスクリプション(USB String Descriptorをクリック)を以下の赤枠の様に変更します。
lazuriteImage_011.png


FT232RLのGPIO(Hardware SpecificからIO Controlsをクリック) を以下の赤枠の様に変更します。
lazuriteImage_012.png

変更したらデバイスにプログラムして、その後一旦USB/シリアル変換基板をPCから抜き挿しします。
この時、COMポート番号が変更されてしまうので注意してね。

あとはLazurite IDEから書き込みが出来るようになります。

現状、Lazurite 920Jの2.54mmピッチのDIP変換基板等が出ていないのであれですが、XBee ShieldとXBeeのDIP変換基板を使用する事でできますね。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。