So-net無料ブログ作成
検索選択

Arduino DuemilanoveとかDiecimilaでHOS-V4を実行してみたい時は! [HOS]

hos_avr_02.png今回の開発には、ボードはATmarquino、IDEはAVR Studio、書き込みはAVR ISP Mk2で行っています。
勿論HOS-V4を動かす環境としてはATmega168以上にRAMを持っているAVRさえ有れば良いのですから、ターゲットとしては掲題のArduino DuemilanoveとかDiecimilaも入って来る訳ですよね。

しかしAVR ISP Mk2で書き込みをしてしまうとBoot Loaderは消去されてしまいますし、必ずしも皆さんがこの書き込みツールを持っている訳ではないでしょう。

そこで、以下のリンクの方法を使えばArduinoのブートローダーを削除せずに気軽にHOS-V4を試す事ができます。
※但し何があっても責任は持てませんので、自己責任でお願いしますね。
http://hamayan.blog.so-net.ne.jp/2009-03-08-3

コマンドラインのみ書いてみると、hexファイルのあるディレクトリに移動して、
avrdude -Cavrdude.conf -v -v -v -v -pm168 -cstk500v1 -P\\.\COM4 -b19200 -D -Uflash:w:送りたいファイル名.hex:i
※-pm168は勿論328とかに置き換えて使用する。
※COM4も実際のポート番号に置き換えて使用する。
※送りたいファイル名も、、、(笑)。

ITRONプログラミング入門―H8マイコンとHOSで始める組み込み開発

ITRONプログラミング入門―H8マイコンとHOSで始める組み込み開発

  • 作者: 濱原 和明
  • 出版社/メーカー: オーム社
  • 発売日: 2005/04/25
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。