So-net無料ブログ作成
検索選択

H8/Tinyには、寝てもらいましょう [電子工作]


H8/Tinyをsleepモード、スタンバイモードで動かしてみた。
ターゲットはトラ技付属基板のH8/3694Fね。

普通にHEWの組み込み関数のsleep();を発行するだけではsleepモードに入るだけ。
SYSCR1.BIT.SSBY = 1;
SYSCR1.BIT.STS = 4;
SYSCR2.BIT.DTON = 0;
と省電力用のレジスタをセットしてから、
sleep();
とすると、スタンバイモードになります。多分。
sleepモードだと、データシートから数十mA消費していますが、スタンバイモードだと、数十μAと激減します。

問題は起し方で、サブクリスタルを付けてTIMER Wを時計モードとし、1秒割り込みで起床と、IROQ0からの起床は確認しました。

気を付けるべき事は、SCIや一部のタイマーはスタンバイモードに入るとリセットされてしまうので、起床後は再設定が必要な事と、送信データが完全に出るまで(TENDで確認)スタンバイモードに入らない事。それに入出力ポートはHi-Zとなるので、不定が困る時はプルアップかプルダウンが必要です。

以上、簡単なレポートでした。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。